弁護士 師子角允彬のブログ

師子角総合法律事務所(東京:水道橋駅徒歩5分・御茶ノ水駅徒歩7分)の所長弁護士のブログです

アカデミックハラスメント-学生の態度に問題があっても、教育を放棄する姿勢を見せることは指導ではない

1.アカデミックハラスメント

 大学等の教育・研究の場で生じるハラスメントを、アカデミックハラスメント(アカハラ)といいます。

 アカデミックハラスメントとの関係で特に問題になりやすいことの一つに、学生への指導との関係があります。高等教育の場面においても、厳しい指導は許容されないわけではありません。しかし、当然のことながら、行き過ぎた指導はハラスメントになります。

 問題は何が「行き過ぎた指導」かです。許容される厳しい指導/行き過ぎた指導の境界は、それほど明確に線引きできるわけではありません。そのため、ハラスメントの成否に関する裁判所の判断を正確に予測するためには、個々の裁判例の検討が重要な意味を持ちます。

 近時公刊された判例集に、学生への指導について、ハラスメントの成立を認めた裁判例が掲載されていました。名古屋地判令3.1.27労働判例1307-64 国立大学法人愛知教育大学事件です。違法な指導がどのようなものなのかを知るための例として、ご紹介させて頂きます。

2.国立大学法人愛知教育大学事件

 本件で被告になったのは、国立大学法人法に基づいて設立された国立大学法人です。

 原告になったのは、被告のA学部で教授職にあった方です。

 学生に対する複数のハラスメント行為を理由に停職6週間の懲戒処分をされたことを受け、処分の無効確認、停職期間中の賃金、慰謝料等の支払を請求したのが本件です。

 本件で処分事由とされたのは、次の五つの事実です。

① 原告は、平成29年5月8日4限目『声楽ゼミナールⅠ』にて、学生に対し、発音が間違っていることを理由に100円の罰金を要求した(本件懲戒事実①)。

② 原告は、平成29年5月22日4限目「声楽ゼミナールⅠ」及び平成30年5月8日4限目「特別研究Ⅰ」・・・にて、学生を強く怒鳴った(平成29年5月22日の事実=本件懲戒事実②-1、平成30年5月8日の事実=本件懲戒事実②-2)。

③ 原告は、平成29年10月23日4限目「声楽ゼミナールⅡ」にて、学生の大学院入学試験の英語の点数が受験生の中で一番低かったと、本人及び他の学生らの前で話した(本件懲戒事実③)。

④ 原告は、平成30年5月7日2限目「声楽演奏法研究Ⅰ」にて、学生に対し、発音が間違っていることを理由に洋菓子の購入を要求した(本件懲戒事実④)。

⑤ 原告は、平成30年5月21日2限目「声楽演奏法研究Ⅰ」にて、学生が休学に至った理由はAへの就職や岡崎市の公務員試験に失敗したためであると、他の学生に話した(本件懲戒事実⑤)。

 行き過ぎた指導との関係で問題になるのは、本件懲戒事実②ですが、裁判所は、次のとおり述べて、本件懲戒事実②のハラスメント該当性を認めました。

(裁判所の判断)

「原告は、平成29年5月22日4限目『声楽ゼミナールⅠ』において、学生O(当時学部4年生)に対し、その発声に気持ちが乗っていないなどと指導したところ、学生Oがこれに対し返事をすることなく、次の小節に進めるよう述べたことから、『返事しろよ、お前はー。』、『俺の言うことが信じられないなら、来るな、もう!お前全然俺が言うこと信じようとしてる顔してねえやないか!来んな、ぼけえ!腹立つ奴やなあ、お前は。』と強く怒鳴った。学生Oが『もう1回お願いします。』と述べると、原告は、『もっかいじゃねえわ。俺の言うこと信じようと思ってるのか、お前は!』、『なんでそんな顔になるんだお前は。返事もしやがらんし。』などと強い調子で述べた上、『たく、気分悪いな。今度そんな態度出したら、もう教えんからな。』と述べて授業を再開した(本件懲戒事実②-1)。」

(中略)

「原告は、平成30年5月8日4限目『特別研究Ⅰ』において、学生O(当時大学院修士課程1年生)に対し、上を向いて歌っていることを注意した後、『お前なんでさ、人が言ったらそんな不貞腐れたみたいな顔するんだよ。』とその態度を指摘した。これに対し、学生Oが『してないです、そんな顔。』などと応答すると、原告は、『してたやないか、お前は!いい加減にしとけよ、お前は。』と述べた上、『してたわ!どうせ後期からBさん行くんだから、前期から教えんわ、俺は、お前は。気分の悪い。』、『言っとくけど俺が教えてる、声の、声の出し方は、そんなもんはBさん教えれんからな。』、『俺の耳でしか、分からんことなんだよ。くそったれ、もう、本当に。いい加減にしとけ!』、『誰がお前さ、気分、気分よく教えてると思ってんだ。後期からどうせお前Bさんとこ行く人を。』、『お前、相談、相談とか言って、何言ったんだよ、お前。曲の相談だ、なんだかんだって言って、こっちが真剣に考えてやって。で、最後にお前、何?後期からB先生のところに行きますとか言って、そんな失礼な話あるのかよ。最初に言うべきことじゃねえのかよ。』、『言い方の順番があるだろうが。』などと、学生Oが修士課程1年生の後期からB准教授の講座に戻ることを指摘した上、学生Oがその事実を原告に伝えた順序が礼を失することを詰った。これに対し、学生Oが、原告に上記事実を伝える順序については色々検討していた、早めに伝えれば原告から怒られたり、相談に乗ってもらえなくなったりするのではないかと考えていた旨回答したところ、原告は、『じゃあ、俺、もう今俺、レッスンしなくていいよな?』、『本当だったらお前、自分の生徒でもない奴にさ、教えたくもないわ。』などと述べたものの、その後、『もう手を抜いて教えてやろうなんていう人間ではないんです。』、『その時は、怒っても、お前、手を抜いて教えたりはしてません。目の前にさ、お前、病気で、病気の奴がいるのにさ、手を出さない、手を貸さないような人ではありません。病気って分かる?お前の発声だよ。俺からしたら、お前の発声は病気なんだって。俺は発声のお医者さんだと思ってるからさ、発声が悪い奴のさ、発声をさ、治さないでさ、ほっとく訳にはいかないんだよ。』などと、それでも学生Oに対する指導に手を抜くことはない旨述べた。その後、原告は、学生Oが原告から見て不貞腐れたような顔をしていること、B准教授の講座に戻ると原告の指導内容を忘れてしまうであろうこと、声楽の指導には師弟関係、信頼関係が必要であるが学生Oの態度は失礼であることを詰り、学生OがB准教授の講座に戻っても、B准教授と相談の上、原告からの指導を活かしていく旨回答したことに対し、『そんだけ人が言うことに色々文句が言えるんだったら、適当にやってください。』と述べた。上記やり取りは、約35分続き、学生Oは涙声で対応していた。また、その間、原告は、『お前が病気を持ってるから、治してやろうと思ってるからや。』、『でも病気で苦しんでる人がいるのに、適当にはできん。』とも述べた(以上、本件懲戒事実②-2)。」

(中略)

「本件懲戒事実②-1について、原告は、学生Oに対し指導をしたものの、学生Oが返事をすることなく、歌唱を進めようとしたことから、その態度が失礼であることを『来んな、ぼけえ!腹立つ奴やな、お前は。』などと強い口調で指摘したものである。そして、歌唱の指導を受ける者としての学生Oの態度には問題がみられ、その指導の必要性があったとはいえるものの、原告は、学生Oに対して教育を放棄する姿勢を示して罵声を浴びせ、それに対して不服な表情をした可能性もある学生Oに対し、さらに畳み掛けるように『なんでそんな顔になるんだお前は。』などと発言しているのであって、これは、教育学部の教授として学生Oに指導を行い、あるいはその反省を促すというものを超えた過剰な言動であるというほかない。

そうすると、本件懲戒事実②-1は、飽くまで指導が行き過ぎた結果であり、原告がその後すぐに授業を再開させて結果として学生Oの指導を放棄したような事実も認められないことを考慮したとしても、原告の不適切な言動により、学生Oの修学上の環境を害したものというべきであり、ハラスメントに該当するものと認められる。

「本件懲戒事実②-2について、原告は、指導を受けている学生Oの態度が失礼であることを指導するに際し、学生OがB准教授の講座に戻ることを原告に伝えた順序が礼を失することを指摘し、本当は指導などしたくはないなどと学生Oを突き放すような発言をし、約35分間にわたって、主に、学生Oの発声ではなく、その態度が失礼であることを強い口調で感情的になって詰るなどしたものである。」

そこで検討するに、学生Oの態度が声楽の世界においては礼を失するものであったとしても、原告による上記言動は、学生Oの教育を放棄することに言及し、涙声で対応する学生Oを長時間にわたって詰り続けるという、教育学部の教授としての指導の範囲を超えた感情的なものであって、学生Oの反省を促すというよりも、単に自らの権威ないし優越的地位の承認を強要するに近く、結果として学生Oを委縮させるものであって、教員から教育指導中にこのような言動の対象となれば、学生が当該教員から引き続き修学することを困難ならしめるに足りるものというほかない。

そうすると、本件懲戒事実②-2は、飽くまで指導が行き過ぎた結果であり、結果として原告が学生Oの指導を放棄したような事実も認められないことを考慮したとしても、原告の不適切な言動により、学生Oの修学上の環境を害したものとして、ハラスメントに該当するというべきである。なお、被告は、原告が『病気』という表現を用いて学生Oの人格を否定した旨主張するが、前記で認定したとおり、原告は、学生Oの発声には問題があること、及び原告はそれを指導することができることの比喩として、『病気』という表現を用いていることは明らかであり、被告の主張を採用することはできない。

3.態度に問題があっても、教育を放棄する姿勢を見せるのは指導ではない

 以上のとおり、裁判所は、学生の態度に問題があるにしても、教育を放棄する姿勢を示したり、教育を放棄することに言及したりするのは指導として行き過ぎであり、ハラスメントに該当すると判示しました。

 教育機関である以上、厳しい指導が許容されるのは、あくまでも教育目的を実現するためであり、教育を放棄するような姿勢・言動は、最早指導としては正当化できないということなのではないかと思われます。

 厳しい指導/行き過ぎた指導(ハラスメント)の分水嶺を知るうえで、実務上参考になります。